「爪もみ」で汗は本当に改善するの!?

爪もみは汗にも効果あるの?

電車や仕事場など、たくさん人がいる中で

突然顔や身体から噴き出る汗…。

困りますよね。

そのような汗には「爪もみ」がおすすめです。

「爪もみ」は、顔汗や手汗だけでなく全身の汗を

止める効果があると言われています。

 

「爪を揉むだけで?」

って思いますよね。

そこにはきちんとした理由があるのです。

そこで今回は、

「爪もみ」で汗を抑える方法について詳しくお伝え

します。

爪もみは汗に効果あるの?

手は第2の脳と言われています。

特に手の先は、神経線維が集まっています。

 

手先である爪の根本部分を刺激することによって、

血液の循環がよくなったり、自律神経のバランス

を整えます。

 

顔汗など多汗症の汗を抑えるには、自律神経を

整えることが大切です。

 

なぜなら、顔汗など多汗症の詳しい原因は

わかっていませんが、ストレスなど何らかの

原因で自律神経が乱れ、交感神経が優位になる

ことで異常に汗を出しているのではないかと

考えられています。

 

そこで、爪もみによって、活発になりすぎている

交感神経を抑え、副交感神経を優位にします。

これにより、免疫力がアップして、汗の軽減や

解消にも役立ちます。

 

爪もみは、顔汗、手汗だけでなく、イライラや

不眠対策にもおすすめです。

どこでも手軽にできるのがいいですよね。

 

爪もみは更年期障害にも効果的!?

更年期障害の詳しい原因は解明されていませんが、

女性ホルモンが減少し、自律神経が乱れることで

で更年期障害の症状がでるのではないかと考え

られています。

参考記事:汗がひどくなる更年期障害とは⁉

 

そこで、自律神経の乱れを整えるために「爪もみ」

がおすすめです。

爪もみすることによって、自律神経を整えてくれる

働きがあるので、更年期障害の症状を軽減してくれ

ます。

爪もみのやり方

場所は爪の生え際から2ミリほど下の両端、

図の位置です。

爪の生え際を反対の親指と人差し指で挟み込む

ようにして揉みます。

指1本につき、20秒ほどもみます。

 

手の指10本すべての指をもみましょう。

(以前は薬指を刺激すると、交感神経を優位にして

しまうと言われていましたが、最近では薬を

もんでも大丈夫だと言われています。

ただし、気になる方は、薬指以外の指をもみましょ

う。)

力加減はやや強めで行います。

 

これ、試してみるとわかるのですが、指や手の平が

ポカポカしてきます。

ただし、私の顔汗はひどい症状だったからか、

すぐには止まりませんでした。

ただし、1か月ほどしてきたら確かに汗が少なく

なりました。

 

爪もみはお金もかかりませんし、どこの場所でもでき

るので継続するといいでしょう。

しかも、顔汗を抑えるだけでなく免疫力アップは

嬉しいですよね。

 

この方法は個人差があるので、すぐに効果が表れる

こともありますし、1か月以上かかる方もいらっしゃ

います。

 

即効性を求めるなら顔汗専用の制汗剤

効果が表れるまで汗が滝のように流れるのでは

困ってしまいますよね。

そこで、おすすめしたいのが「顔汗用の制汗剤」

です。

顔汗専用制汗剤サラフェプラスは、汗をもとから

抑えてくれるので、顔汗で前髪がひっついたり、

メイクが崩れる心配もありません。

安心して出かけられます。

 

しかも、長時間持続性があるため、外出前にさっと

一塗りするだけで汗が防げます。

私も使っていますが効果抜群です!

 

※制汗剤には色々な種類がありますが、脇用の制汗

剤は刺激が強く、肌トラブルを起こしてしまうこと

もありますので、必ず顔汗専用の制汗剤を使って下

さいね。

 

まとめ

いかがでしたか?

爪もみはどこでもどこの場所でも出来ます。

しかも簡単なのでぜひ試して見て下さいね。

 

ただし、効果が表れるまで時間がかかります。

その間の顔汗対策として、顔汗用の制汗剤が

おすすめです。

爪もみしながら、制汗剤を使用すると尚いいですね。

今回ご紹介した方法をぜひ試してみて下さいね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ