電車の中で顔汗をかかない6つの方法!

電車に乗ると顔汗が止まらなくて辛い!

学生時代の私は、通学で電車の乗るのがとにかく

嫌でした。

他の人はエアコンの効きすぎなほどので電車内で、

涼しい顔をしているのに。

そう。

私一人だけが南国にいるかのように、

顔から汗がボタボタ出て止まらない。

周りの冷ややかな目が気になって、下を向く

しかない。

 

泣きそうな毎日でした。

 

顔汗で悩んでいる方にとって、通勤・通学電車は

本当に辛いですよね。

しかも、女性の場合は顔汗のせいでメイクが崩れ

てしまうこともあります。

 

そこで今回は、私の経験を元に電車内の汗対策

について詳しくお伝えします。

 

何で電車内で顔汗が止まらないの?

前回、汗には3種類あるとお伝えしました。

参考記事:顔汗には3種類ある!あなたの汗はどのタイプ?

 

そのうち、電車内で汗をかくのは「温熱性発汗」

が原因かと思われます。

温熱性発汗は、気温が高いとき、体温が上がった時、

運動したときなどに出る汗です。

 

例えば、電車に乗る前など、急いで速足になると

体の体温が上がってしまいます。

体温があがると、脳は身体を守るために汗を出して

体温を下げる働きをします。

 

また、温熱性発汗から精神性発汗に発症してしまう

こともあります。

顔汗が人に見られているのではないかと人目を

気にしたり、電車に乗るとまた汗が出るのでは

ないかと考えてしまうことで余計に汗が出て

しまうのです。

 

これは、精神的負担の影響が大きいです。

通学や通勤がストレスにならないように早めの

対策が必要です。

 

電車内の顔汗対策おすすめ5つ!

  • 濡れタオルでこまめにふく
  • 爪もみ
  • 半側発汗を利用する
  • 首を冷やす
  • 気にしない
  • 専用の顔汗制汗剤を使う

濡れタオルでこまめに拭く

汗をそのままにしておくと、風邪を引いて

しまう可能性や臭いを発生させてしまうこと

もありますので汗がでたらこまめに拭くように

しましょう。

 

この時、渇いたタオルでゴシゴシ拭くと

タオルと皮膚が摩擦して、その刺激によって

ますます汗がでてしまいます。

そのため、濡れタオルを使いましょう。

濡れタオルで拭くことで汗が蒸発して体温を

下げ、汗が出るのを抑えます。

 

また、顔に残った皮脂や塩分も一緒に取ること

ができるのでサッパリします。

ただし、この時もゴシゴシこすると、メイクも

落ちてしまいますのでポンポンと優しくふきとり

ましょう。

濡れタオルはジップロックとかにいれて持ち歩く

と鞄の中が濡れずに便利です。

 

爪もみ

爪もみとは、爪をもむことで汗を止める効果

があると言われています。

私が試したところ即効性はありませんでしたが、

1ヶ月ほどすると確かに汗が少なくなった気が

します。

私の場合は顔汗がひどかったので時間がかかり

ましたが、すぐに止まったという方もいるので

試してみる価値はあります。

しかも電車内でも簡単にできるので、毎日の

通勤・通学時間を利用して爪もみを続けるのも

おすすめです。

爪もみの詳しい方法はこちらを参考にして下さい。

⇒簡単「爪もみ」で顔汗改善!

 

半側発汗を利用

胸周りを帯などで締めることで、胸より上部分の

汗を抑える方法です。

京都の舞子さんが実践している方法です。

半側発汗用の帯はネットでも販売されています。

参考記事:半側発汗を利用して汗を止める方法

 

首を冷やす

首には太い血管があります。

首回りの血管を冷やすことで体温が下がり、体の

汗を抑えることできます。

首をペットボトルや冷たいタオルで冷やしま

しょう。

ただし、首には神経が集中しているため、氷など

で急激に冷やすと負担がかかってしまいます。

冷たくしすぎないように気を付けましょう。

 

気にしない

時間に余裕がないと、気持ちが焦ったりして

余計に汗がでてしまいます。

汗はストレスや緊張に敏感です。

そのため、余裕をもって出かけることが大切

です。

また、呼吸を落ち着かせることで、不安な

気持ちがおさまり、汗を抑えることができます。

 

特に精神性発汗の場合は、気にすればするほど

汗が止まらなくなることもあります。

そのため、リラックスして気にしないことが

一番です。

 

顔汗専用の制汗剤を使う

汗そのものを抑えることができれば、電車内で

汗をかくことはなくなりますよね。

また、汗をかかなければ、メイクが崩れる心配も

ありません。

 

そこでおすすめな方法が「制汗剤」です。

制汗剤には色々な種類がありますが、脇用の制汗剤

は刺激が強く、肌トラブルを起こしてしまうことも

ありますので、必ず顔汗専用の制汗剤を使って下さ

い。

 

私が使っている顔汗用制汗剤サラフェプラスは、汗

をもとから抑えてくれるので、電車の中で汗を抑える

ことができます。

一日中サラサラに保ってくれます。

しかも、テカリも防止してくれるので、化粧

崩れにもおすすめです。

⇒サラフェプラスを実際に使った効果を体験レビュー

 

まとめ

いかがでしたか?

顔汗と上手に付き合っていくのが大切です。

事前に対策するだけで、汗はかなり抑えることが

出来ます。

 

あなたが出来る方法から試して見て下さいね。

汗対策をして、毎日の電車通勤・通学を快適に

過ごしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ