手汗でテニスのグリップが滑るのを防ぐ究極の対策法とは!?

 

管理人Saraは、学生時代テニス部に所属していま

した。

強豪校だったので練習はきつく、朝早くから練習、

休日もほとんどありませんでした。

 

でも、もっと辛かったのが、テニスのグリップが

手汗で滑ること。

普段から人より手汗出ることで悩んでいましたが、

ラリーが続くと、手汗がじわっと出て、グリップ

が手汗で滑ってしまうんです。

それが気になって練習も集中できませんでした。

 

中でもすごく恥ずかしかったのが試合中。

チャンスボールがきたのでスマッシュ態勢になっ

たその途端、ラケットがツルっと滑って落ちてし

まいました・・・。

大事なところでグリップが滑るなんて・・・

致命的です。

手汗さえ出なければ・・・。

 

試合中は緊張のせいでさらに手汗ビタビタに

なります。

でも、毎回ポケットからタオルを出していられ

ません。

 

そこで考えたのがリストバンド作戦。

手汗が出るたびに手首につけたリストバンドで、

汗をふくようにしました。

 

リストバンドは本来は、汗が腕をつたって流れるのを

防ぐためですが、手汗を拭くのにも役にたちました。

 

ただし、私のバンドだけがいつもベタベタで清潔では

なかったです・・・。

「何で私だけこんなに手汗がでるの・・?」

 

そこで今回は、

〇手汗でテニスのグリップが滑らない方法

について詳しくお伝えします。

 

手汗でテニスラケット(グリップ)が滑らない方法

その①【ラケットグリップを変える】

→手汗で滑りにくいグリップを使うこと

グリップには、「ウェットタイプ」、「ドライタ

イプ」、「タオル」タイプがあります。

 

ドライタイプはサラサラしていますが、手汗が多い

方には滑りやすいです。

ドライタイプのグリップには吸水効果はほとんどあり

ません。

 

スポーツショップで進められたのが、手汗が多い人は

ウェットタイプのグリップがおすすめとのこと。

 

ウェットタイプのグリップは、表面に手を密着しやす

くするために吸い付くような加工がしてあります。

そのため、他のグリップより滑りにくいです。

実際に使ってみたんですが、グリップを握ると湿った

感じで手にくっつきます。

今までドライタイプを使っていましたが比べてみると

確かに滑りにくいです。

ただ、手汗が多い私にとって2ゲーム目が始まる前に

はやはりグリップがベタベタになってしまいまし

た。

私にはあわなかったですね。

 

私が使った中でタオルグリップが一番よかったです。

汗を吸水してくれるので滑りにくかったです。

でも、時間がたつとやはりツルっと滑ってしまいま

す。

 

手汗がそこまで出ない人にはいいと思いますが、

私のようにに日常から手汗が多いとグリップをかえ

てもやはり滑ってしまうようです。

 

手汗そのものを抑える

グリップを変えても滑ってしまうなら、手汗が多い

人はどうしたらいいの?と悩みますよね。

手汗そのものがでなければグリップが滑る

こともありませんよね

 

そこで、色々な制汗剤を試してみたところ、

「テサラン」が一番汗がおさまりました。

わかりやすいように手の甲に塗ってみたんですが、

水をはじいていますよね↓ ↓ ↓

実際に手汗がピタっと止まりました。

使い続けていくうちに汗が出なくなり、グリップが

滑る心配がなくなりました。

あれだけ悩んでいたのに、効果に驚きました。

 

手汗がひどいとしょっ中グリップを取替えないと

いけませんよね。

グリップ代ってけっこうかさみます・・・。

 

でも、手汗制汗剤があれば、グリップに汗がつくこ

ともないのでグリップも長持ちします。

 

試合中に手汗のことを考えなくなくてよくなったこと

が本当に嬉しいです。

今でも趣味でテニスを続けていますが、手汗でグリッ

プが滑ることもなくなり、プレーに集中できるように

なりました。

 

実際に使った感想はこちらの記事に詳しくまとめまし

た。

テサランの効果は?実際に使った口コミレビュー(写真付)

手汗で悩んでいる人は試してみる価値ありです!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ