【経験談】手汗でピアノがうまく弾けない時に試した方法!

手汗のせいでピアノがうまく弾けない…

 

子供の頃習ってたピアノを去年からまた習い始め

ました。

昔から私は、緊張すると汗がでてきてしまう体質

なので、ピアノを弾いていると手から汗がジワジ

ワ…。

しまいに汗で鍵盤が滑って曲に集中できなくなり、

一曲終わる頃には、

“うわっ・・・手汗でベタベタ”

 

ピアノの先生は優しい方だったので、「大丈夫です

よ」と言って下さいましたが、ピアノは木製なので、

申し訳ない気持ちになりました。

 

そのあとから汗でピアノが滑らない方法をいくつ

か試して、やっと手汗がピタっと止まる方法を見

つけました!

 

今回は、私の経験談を交えながら手汗がでない

方法について詳しくお伝えします。

 

【原因】何でピアノを弾くと手汗が出るの?

 

手汗が多い原因として2つ考えられます。

一つ一つみていきましょう。

精神性発汗による手汗

練習発表会やコンクールなどは特に手汗が出る

という方。

このように緊張やストレスを感じると汗がでる

場合は「精神性発汗」が原因と考えられます。

 

手は汗腺が集中しているので、他の部位よりも

汗をかきやすいです。

汗には、温熱性発汗、精神性発汗、味覚性発汗が

あり手汗は主に緊張やストレスからくる

精神性発汗」であることが多いです。

汗には3つの種類がある。あなたはどのタイプ?

Sara

家で練習しているときは汗がでないのに、人前で弾くときに手汗がでることが多いです。

また、精神性発汗の特徴として「また汗が出たらどうしよう」と思えば思うほど余計に汗が出てしまいます。

 

日常生活にまで影響がない場合は、その緊張が

治まれば自然と汗も止まることが多いので心配

いりません。

Sara

とはいっても、手汗のせいでコンクールの結果がでないと悔しいですよね。

 

手掌多汗症

人が見てる見ていないにかかわらず、常に手汗が

出てしまう方は、「手掌多汗症」が原因の可能性

が高いです。

常に汗が出るので日常生活にまで影響を与えてし

まいます。

手掌多汗症の原因はわかっていませんが、精神的

なものからくるのではないかと言われています。

 

汗はピアノにとってもよくない

ピアノは木製部分が多いので水分に弱いです。

象牙の内部は木製です。

汗や水分が鍵盤の隙間に入れば、音に影響がでた

り、鍵盤の動きが悪くなったり、鍵盤が黒ずんで

しまう原因にもなります。

そのため、ピアノを長持ちさせるためにも早めに

手汗対策をすることが大切です。

 

ピアノを弾いても手汗が出ない方法


ハンカチをピアノの横に置いてみましたが、ピアノ

を弾いている最中に汗を拭くことはできません。

私の場合は、鍵盤横に置いたハンカチが気になって

余計手汗を思い出して汗がでてしまいました。

そこで、いくつか試した中で効果があった方法を

お伝えします。

リラックスする

精神性発汗の場合は、リラックスすることで手汗

が治まることが多いです。

そこで、ピアノの先生に「手汗が出る」とあらかじ

め伝えてみてはいかがでしょうか?

実は、この方法は意外と効果があります。

 

なぜなら、自分がコンプレックスと思っている手汗

のことを先生が知ってることで、精神的な不安がとり

のぞかれ、リラックスしてピアノが弾けたという方が

多いからです。

sara

私も先生に手汗のことを伝えました。

伝えるときは勇気がいりましたが、手汗に意識がいくことが少なくなりましたよ。

 

ボトックス注射

神経伝達物質であるアセチルコリンは、汗をかく

ときに分泌されます。

ボトックス注射でアセチルコリンを抑えることで

手汗を抑えます。

持続期間は3ヶ月~6か月ほどです。

 

この方法は私は試せませんでした。

なぜなら、手の平に注射をうつのは怖いから。

しかも、持続期間は半年。

注射嫌いの私にとってまた半年後に注射しないと

いけないなんて辛い…

また、金額も高いというのも理由の一つです。

 

手汗専用の制汗剤を使う

この方法が一番効果がありました。

手術まではしたくないし、通院も面倒なので

手軽に汗を止める方法はないかと探していき

ついたのがこの方法です。

 

手汗専用の制汗剤によって手汗そのものを抑え

ます。

制汗剤はいろいろありますが、手汗専用のものを

使うことをおすすめします。

 

私が使っている制汗剤「ファリネ」は、手の平に

ポンポンするだけで汗を抑えてくれます。

私の場合は、朝出かけるまにぬるだけで、夕方まで

汗が出ません。

しかもお肌に優しい成分なので安心して使うこと

ができます。

効果が薄くなったり、汗がでてきたらまた、ポン

ポンするだけなので簡単ですよね。

 

白いパウダーですが、微粒子なのですぐに肌に

溶け込みます。

手の平は白くなりませんし、ベタベタにもなりま

せん。

また、コンパクトサイズなので、持ち運びにも便利

です。

いつでも使えるように鞄にしのばせています。

Sara

手汗を抑えることができると、汗が出ないという安心につながり、使う量も徐々に減っていってます。

もっと早くにつかっていればよかったという感じです。

 

ファリネは国産の安全成分を使用しているため、

お肌にもピアノにも優しいです。

副作用の心配もないので、お子さんが汗でピアノ

が弾けないという場合にもぜひおすすめです。

あなたの手汗もピアノを守ることもできます。

 

ファリネについての詳しい記事はこちらにまとめ

ました。

まとめ

いかがでしたか?

汗のせいでピアノをあきらめるなんて辛すぎます

よね。

私は制汗剤を使うようになってから、ピアノを弾

いていても汗の心配をすることがなくなりました。

来年に発表会があるので今から楽しみです。

あなたに合った方法をぜひ試して見て下さいね。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ