手汗で野球できないときはロジンと〇〇を使うのがおすすめ!

手汗で滑って野球できない!!!

手汗は、スポーツにとってもマイナスになって

しまうことが多いです。

 

特に野球は、守備においても攻撃においても

手汗が深く関わります。

特に夏場は最悪…。

 

バットが手から滑り落ちてしまったり、

送球するとき、手汗でコントロールが定まらない。

 

たとえ汗で滑らないように変に力を入ればたち

まちコントロールを失い、変な方向へと飛んで

いってしまったり、手を痛める原因にもなります。

 

また、守備の際はグローブの中にボトボトと手汗が

落ちてくる。

しかもその汗が雑菌を繁殖させてしまい臭いまで

も発生させる原因にもなります。

 

だからといって、試合中はこまめに手を拭くこと

はできません…。

ユニフォームで汗をぬぐうのが精いっぱい

かと思います。

 

一生懸命努力してきたのに、手汗のせいで

試合に集中できず、本来の力を出し切れなか

ったら辛いですよね。

 

しかも汗を気にするとそれがストレスになって、

余計に汗が出てきてしまうこともあります。

ストレスが原因の精神性発汗とは

 

これは、テニス、卓球、バトミントンなど、

他のスポーツでもいえることです。

 

スポ―ツするときの手汗対策

手汗のせいでスポーツをあきらめるなんてそんな

辛い選択はしなくていいです。

手汗を完治させることはなかなか難しいですが、

汗を抑えることはできます。

手汗を抑える方法を一つ一つみていきましょう。

 

ロジンを使う

野球している方であれば誰でも知っている

かと思いますが、「ロジン」は手汗に有効

です。

ロジンは、ピッチャーがボールを投げる前に

白い粉を手に付けていますよね。

あの白い粉のことです。

この袋を「ロジンバッグ」といいます。

 

器械体操の際でも、選手が手に白い粉を付けて

いるのをみかけたことがある方も多いかと思い

ます。

 

ロジンバッグの中身は、炭酸マグネシウムと松脂

が入っています。

メーカーによって石油樹脂が入っていることも

あります。

 

松脂の特徴は、粘着性が高く、滑り止めとして用いら

れることが多いため手汗に有効です。

 

ただし、皮膚が弱い方は、ロジンで手が荒れてしまう

こともあります。

また、手汗がひどいとロジンでは抑えきれないことも

あるでしょう。

そんなときは手汗用の制汗剤がおすすめです。

 

手汗専用の制汗剤を使う

汗を抑えることで、手汗の悩みはかなり解消

されるかと思います。

制汗剤はたくさんの種類がありますが、手汗専用

のものを使いましょう。

スポーツの前にひと塗りするだけなので簡単です。

また、持ち運びも便利なので鞄に入れておくだけで

安心できますよね。

ただし、肌が荒れてしまうといけないので、必ず

手汗専用のものを使って下さい。

持続性があるので、汗を気にすることなく試合

に集中できるかと思います。

 

私が使っている制汗剤「ファリネ」は、手の平に

ポンポンするだけで手の汗をしっかり抑えてくれま

す。

私の場合は、朝出かけるまにぬるだけで、夕方まで

汗が出ません。

しかもお肌に優しい成分なので安心して使うこと

ができます。

 

手汗を抑えることができると、汗が出ないという

安心につながり、使う量も徐々に減っていってます。

ファリネについての詳しい記事はこちらです。

 

まとめ

いかがでしたか?

手汗のせいでこれまで頑張ってきたスポーツを

あきらめるのでは辛すぎます。

実際に夢をあきらめた方もいました。

このように、手汗は時に人生を左右してしまう

こともあります。

 

手汗を抑えることさえできれば、何の問題

なくスポ―ツできるかと思います。

もし、お子さんが手汗が原因で悩んでいたら、

今回の方法を試してみて下さいね。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ