手汗で絆創膏が剥がれるのを防ぐ裏技!

手汗ですぐに絆創膏が剥がれてしまう…

絆創膏は、細菌の侵入や感染から患部を守って

くれます。

そうすることで傷の治りも早くなります。

 

しかし、日頃から手汗や指汗が多い方は、

すぐに絆創膏がはがれてしまう・・・。

と悩んでいませんか?

 

私も、ささくれができたり、手荒れしたところ

から血がでたり、普段からよく絆創膏のお世話に

なっています。

でも、手汗が多いので、絆創膏を貼ってもすぐに

スポッと抜けてしまうんですよね…

 

絆創膏を貼る前に、患部の周りをこまめに拭く

といいともいいますが、汗が多い方にとっては、

拭いてもキリがないほどジワジワと汗がにじみ

出てきてしまいます。

 

実は、絆創膏がはがれにくい貼り方があるのを

ご存知ですか?

看護師をしている友人から教わったのですが

この方法は本当に剥がれにくくおすすめです。

また、最近はいろいろなタイプの絆創膏があり

ます。

 

そこで今回は、手汗でも絆創膏が剥がれない究極

の方法をいくつかご紹介します。

 

手汗でも絆創膏がはがれない究極の貼り方

指先など、よく動かす部分におすすめの貼り方

です。

まず、絆創膏の両サイドに図のような切り込み

を1本ずつ入れます。(中央のガーゼまで)

切り込みを入れた左下部分を右斜め上へ貼り

ます。①

次に右下部分を左斜め上に貼ります。②

斜めに交差するように(タスキ)のように貼り

ます。

 

上の部分も同様に、左上部分を右下へ③

右上部分を左下へ④

たったこれだけ!

簡単なのにとにかくはがれない!

手汗でバンドエイドがスポット抜けてしまう方に

おすすめです。

きつく巻きすぎてしまうとうっ血してしまう可能

性がありますので、引っ張り過ぎないようにしま

しょう。

 

●関節部分にバンドエイドを貼る方法

関節部分は先ほどのように、タスキのようにしま

せん。

右上の切り込みは左上へ、同様に左上の切り込み

は右上へ貼ります。①②

右下の切り込みは左下へ、同様に左下の切り込み

は右下へ巻きつけます。

関節の上に貼らないのがポイント!

 

絆創膏を剥がすときは、綿棒にベビーオイルを

つけて絆創膏を浸すとすぐに取れます。

 

液体絆創膏

患部に貼るのではなく、塗るタイプの絆創膏です。

塗り薬のように、患部を覆うようにして直接塗り

ます。

水に強くてはがれにくいため、手汗が多い方だけ

ではなく、水仕事が多い方にもおすすめです。

ただし、塗るときにはしみます。

また、傷口が深い場合は、傷の奥に成分がはいり込

んでしまう可能性がありますので使用しないように

しましょう。

 

手汗そのものを抑える

日頃から手汗が多いと、シャーペンが滑ったり、

握手できなかったり、日常生活の中でも不便に

感じることがいくつかあるかと思います。

関連記事→手汗が酷くてシャーペンが滑る!おすすめの対処法!

 

そこで、日ごろから手汗を止める対策をしておく

ことで、絆創膏が滑らないのはもちろん、手汗の

不安までも解消されます。

 

おすすめは、手汗専用制汗剤を使って汗を抑える

方法です。

手汗専用制汗剤「ファリネ」は、使用者の約90%

以上の人が満足している人気の制汗剤です。

私もベタベタしていた手汗から解消されて今では

快適な毎日を過ごしています。

※怪我をしているときは使用しないようにしましょう。

Sara

出かける前にポンポンと塗るだけなので簡単です。

また、コンパクトなので持ち運びの楽ちん。

手汗が気になれば、鞄からすぐに取り出して塗るだけ!

 

手汗がピタッと止まった!ファリネの詳しい記事は

こちらの記事に詳しくまとめました。

関連記事⇒手汗専用制汗剤「ファリネ」を使った感想

 

まとめ

いかがでしたか?

手汗が多いと傷の治りも時間がかかってしまいが

ち。

日頃から手汗専用制汗剤を使うことで、手汗その

ものを抑えてくれるので、絆創膏がはがれる心配

もなくなります。

また、今回ご紹介した剥がれにくい絆創膏の貼り

方はもおすすめです。

ぜひ試して見て下さいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ