手汗のせいで…あせもができたときの対処法!

手汗が原因であせもができる!?

 

手汗が大量に出るだけでも辛いのに、

この汗のせいで「あせも」ができたという

方は以外に多いです。

 

あせもとは、痒みを伴う小さな赤い湿疹のこと。

乳幼児にできることが多いというイメージが

ありますが、実は汗をかきやすい人にもできや

すいのです。

 

あせもで手がかゆいと、仕事や家事などが

集中できずストレスが溜まってしまいます

よね。

さらに一度できると治るまでに時間がかかって

しまいます。

 

そもそもなぜ、手汗が原因であせもができるの

でしょうか?

 

そこで今回は、手汗のせいでできる「あせも」

について詳しくお伝えします。

 

手汗が原因でできる「あせも」

たくさん汗をかくと、汗の出口が塞がってしまい、

汗管に詰まってしまいます。

その結果、炎症を起こして赤くなり、かゆみを

伴います。

これがあせもの原因です。

 

ここでちょっと豆知識!

赤ちゃんはよくあせもを起こしますよね。

実は、大人も赤ちゃんも汗腺の数は同じです。

そのため、小さな身体の赤ちゃんには汗腺が

密集してしまうためあせもができやすいのです。

 

もし、皮膚の中が水ぶくれのような状態に

なっている場合は、「汗疱」が原因かもしれま

せん。

汗疱とは、皮膚病の一種で別名「異汗性湿疹」

と呼ばれていて、手のひらや手の指の側面、

足裏、足の指の間にできやすいです。

かきむしると余計にひどくなるため、こちらも

早めの対策が必要です。

【汗疱】手汗を放っておくと水泡が出来やすい!?

 

手汗によるあせも対策とは

対策ポイントは3つ!

  • 手汗はこまめに拭く
  • 保湿する
  • 手汗そのものを抑える

手汗を長時間放置することによって、あせもが

できやすくなります。

そのため、汗がでたらこまめに拭きとって、汗を

溜めないようにしましょう。

手拭きタオルは、オーガニックコットンが

おすすめです。

ふんわりと肌ざわりがよく、汗も吸収してくれ

ます。

 

そして、何より清潔にすることが大切です。

乾燥を防ぐためにもしっかりと保湿しましょう。

保湿効果の高いものを選ぶとなおおすすめです。

 

ただし、手掌多汗症の方は汗が多く出るため常に

手が湿っています。

 

仕事中など手の汗が拭けないときもありますよね。

そんなときは手汗専用の制汗剤がおすすめです。

手汗を抑えることであせもの治りも早くなり

ます。

また、汗もができている場合は、肌が敏感に

なっていますので、お肌に優しい安全なものを

使うことをおすすめします。

 

成分によっては、さらに肌トラブルを引き起こし

かねません。

手専用の制汗剤はあせもを改善しながら手の汗

を抑える効果があるのでおすすめです。

 

手汗専用の制汗剤の中で特におすすめなのは

パウダータイプです。

肌にもやさしく、サラサラがキープできます。

さらに、あせもの原因である汗をしっかりと

抑えることができるのです。

私が使っている制汗剤「ファリネ」は、手の平に

ポンポンするだけで汗を抑えてくれます。

私の場合は、朝出かける前にぬるだけで、夕方まで

手の汗が出ません。

しかもお肌に優しい成分なので安心して使うこと

ができます。

ファリネについての詳しい記事はこちらです。

 

まとめ

いかがでしたか?

手汗の方は手が常に湿っているかと思います。

また、夏は高温多湿の気候のせいであせもが

出来る方がさらに増えます。

あせもによるかゆみは本人にとっては深刻です。

 

そのため、早めにあせも対策しましょう。

あせもを治すためには、手汗を抑えることが

大切です。

  • こまめにふきとる
  • 清潔にする
  • 保湿する

この3つを常に心がけて下さい。

あせもがひどくならないように早めに対策して

いきましょう。

 

もし、そんな時間はないという方は、手汗専用

の制汗剤を使うといいでしょう。

即効性があるのでおすすめです

ただし、かゆみがひどい場合は皮膚科へ受診

するといいでしょう。

皮膚科ではステロイド剤を処方されることが

多いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ