妊娠中に顔汗が出るようになったのはどうして!?

妊娠中の体の変化

妊娠中のお母さんは、さまざまな身体の変化を感じる

ことが多いでしょう。

 

例えば、食べ物の好みが変わったり、つわりや頻尿、

妊娠線の出現など様々です。

その一つに「顔汗」があります。

Aさん

「妊娠してから急に顔汗が出るようになった」(妊娠3ヶ月)

 

Tさん

「少し動くだけで大量に汗をかく」(妊娠9ヶ月)

 

と悩む妊婦さんも多いです。

 

でも、なぜ妊娠してから汗がでるようになったの

でしょうか?

 

また、顔汗を放っておくと、肌トラブルや体調が

崩れたりすることもあるので早めの対策が必要です。

 

そこで今回は、妊娠中の顔汗の原因や対処法に

ついてお伝えします。

 

妊娠中に顔汗が出る原因

妊娠してから汗が出るようになったのには理由が

あります。

一つ一つみていきましょう。

 

ホルモンバランスの分泌による体温の上昇

妊娠中は黄体ホルモン(プロゲステロン)の

分泌が活発になります。

黄体ホルモンには、体温を上げる作用がありま

す。

特に妊娠初期は黄体ホルモンの分泌が多く、

体温は妊娠前の体温より約0.5~1度上がります。

 

そのため、体は火照ったり、熱っぽく感じる

ことが多いでしょう。

体温が高くなれば、汗をかきやすくなります。

 

乳腺の発達

妊娠中、顔だけでなく胸周りにも汗をかくこと

があります。

これは「乳腺の発達」が影響しています。

お母さんの体は母乳をつくるために乳腺が発達

します。

母乳は血液から作られているので、乳腺が発達

すると胸まわりの血流がよくなり、暑さを感じ

その結果、汗が出ます。

 

脂肪がつく

妊娠期間中はお腹の赤ちゃんを守るために、

全身に脂肪がつきやすくなります。

特に妊娠後期になるにつれ脂肪量も増えます。

脂肪の働きは体温を高く保持させるため、

顔などに汗をかきやすくなります。

 

妊娠から出産までずっと顔汗が続く方もいますが、

妊娠初期だけまたは、妊娠後期だけに顔汗が出る方

もいます。

その理由をみていきましょう。

 

妊娠初期の顔汗の悩み

妊娠初期の症状の一つに

  • 微熱を感じる
  • 体が火照ってる
  • 風邪っぽい

と感じる方が多いです。

なぜなら、妊娠初期は黄体ホルモンの分泌が活発

になるため、妊娠前より体温が高くなります。

体温が高くなれば汗もでやすくなります。

 

これらの体調の変化により、

「妊娠していることに気付いた!」という方もいま

す。

その後胎盤ができあがる12~15週くらいまでには体

温が下がり始めます。

そのため、妊娠初期を過ぎれば顔汗が止まる方も多

いです。

 

妊娠後期に再び顔汗?

妊娠中期には治まっていた顔汗が妊娠後期に再び出る

方もいます。

また、妊娠後期になって突然顔汗がでるようになる

方もいます。

 

妊娠後期は赤ちゃんを守るため、脂肪が増えます。

それと同時にお腹の赤ちゃんも大きくなるので、

少し動くだけでも疲れやすく、汗がでたり暑さを

感じます。

 

妊娠中の顔汗対策

妊娠中はできるだけ薬を飲むのは避けたいです

よね。

そのため顔汗とうまく付きあっていくことが大切

です。

ここでは、妊娠中にできる顔汗対策をご紹介します。

 

汗をこまめにふく

汗をそのままにしておくと、体が冷えやすくなり、

風邪をひいてしまう可能性があります。

また、汗によって皮膚がただれたり、湿疹ができる

こともあります。

そのためこまめに汗をふくことが大切です。

ただし、タオル等で汗をゴシゴシ拭いてしまうと、

皮膚とタオルの間に摩擦がおきてしまい、さらに汗が

出てくることがあります。

顔汗が出たときはティッシュでポンポンと優しく拭く

ことが大切です。

 

汗や皮脂のつよい化粧品を使う

外出時に顔汗が出て困るときは汗や皮脂に強いタイプ

の下地やファンデーションを使うといいでしょう。

ただし、妊娠中は肌が敏感ですので、必ず「パッチ

テスト」を行ってから使用するようにしましょう。

 

通気性のよい服をきる

妊婦さんは赤ちゃんを守るために体温が高くなって

います。

身体に熱がこもってしまうと、余計に汗が出てしまい

ますので下着類はできる限り通気性のよいものに替え

るといいでしょう。

また、基礎体温が上昇していると、寝汗をかきやすく

なります。

汗をかいたらこまめに着替えましょう。

 

髪型を工夫する

妊娠中はホルモンが影響して、抜け毛が増えます。

顔汗だけでなく、頭汗も出る場合は汗で髪の毛が

ビタビタになってしまいます。

顔汗で前髪がベタベタになってしまうこともあり

ますよね。

髪が長い人はアップに結んだり、妊娠中に気分転換に

髪を短くするのもいいですね。

また、前髪が汗で濡れてしまう方は、前髪をあげて

おでこをスッキリさせるのもおすすめです。

関連記事→【おでこの汗】前髪がくっつくのを防ぐ方法!

洗顔、保湿する

顔汗が気になるからといって、何度も洗顔するのは、

乾燥の原因になります。

洗顔は1日2回までにしましょう。

また、洗顔後は化粧水でしっかり保湿することが

大切です。

肌が乾燥してしまうと、余計に汗が出てしまうことが

あります。

 

制汗剤を使用する

手早くできて確実に汗を抑えてくれる対策として、

「制汗剤」を使う方法があります。

ただし、妊娠中は肌がデリケートになっていることが

多く、肌トラブルをおこしてしまうことがあります。

そのため、低刺激で無添加のものを選びましょう。

敏感肌や妊婦さんでも使用できるものがおすすめです。

サラフェプラスは厳選された安全性の高いものを

使用しています。

妊娠中の顔汗対策にもお使い頂けます。

→サラフェプラスを実際に使った効果を体験レビュー

 

ただし、妊娠中はホルモンバランスの変化により

お肌がいつもより敏感になることもあります。

心配な方はお医者さんに相談するといいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

妊娠中に急に顔汗が出るようになると不安になり

ますよね。

顔汗の悩みがストレスとなってしまうと、大切な

マタニティライフを楽しむことができません。

また、ストレスや不安はお腹の赤ちゃんにも

よくありません。

そのため、まずは顔汗の不安をとりのぞくこと

が大切です。

今回ご紹介した顔汗対策の中であなたができる

ものを始めてみて下さい。

顔汗を抑えて素敵なマタニティライフを過ごして

下さいね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ