汗腺が詰まるのは制汗スプレーの使いすぎが原因!?

汗腺が詰まる!?

汗や臭いを抑えるために市販の制汗スプレーを

使っている方が多いかと思います。

 

制汗スプレーは、ドラッグストアなどに行けば、

たくさん種類があって比較的手ごろな価格で手に

入りますよね。

 

しかし、制汗スプレーに含まれる成分が、

人によってはヒリヒリして赤くなったり、

かゆみなどの肌トラブルを起こしてしまう

可能性があります。

 

そこで今回は、

  • 市販の制汗剤に多く含まれている成分
  • 汗腺が詰まる原因と対策

について詳しく見ていきましょう。

 

市販の制汗剤で汗腺が詰まる!?

汗腺が詰まると汗の出口を塞いでしまいます。

その結果、あせもなどの炎症を起こしやすくなり

ます。

 

汗腺が詰まる原因は、皮脂や垢が付着したり、

ウィルスや細菌によって感染したりと様々です。

市販の制汗剤でも汗腺が詰まってしまいます。

 

市販の制汗剤の多くは、

〇収れん剤
〇殺菌剤

が含まれています。

 

収れん剤によって、汗腺を塞いで汗の量を減らします。

また、殺菌剤によって、雑菌が増えることを防いで臭いを抑えます。

つまりこれらが原因で汗の出口を防いでしまうため、

汗腺が詰まりやすくなるのです。

 

汗腺が詰まると、皮膚がダメージを受けメラニンが

大量に発生します。

その結果、色素が沈着して黒ずみが起こってしまいます。

また、赤くなったり、かゆみを伴うこともあります。

さらに、汗腺が詰まると老廃物が身体の外に出ない

ので臭いが強くなることがあります。

 

制汗剤に含まれている成分、塩化アルミニウムとは

汗は本来外に出るものです。

その汗や臭い抑えるために、市販の制汗剤の多く

には、「塩化アルミニウム」「パラベン」「香料」

が含まれています。

一つ一つ詳しく見ていきましょう。

塩化アルミニウム

これは多くの制汗剤に含まれています。

汗腺を塞ぐことで、汗そのものを抑えます。

多汗症の治療に使われることが多いです。

しかし、人によっては肌トラブルを及ぼす可能性が

あるとも言われています。

 

パラベン

制汗剤等で防腐剤として使われている化学物質で

多くの商品に使用されています。

パラベンは表示指定成分です。

表示指定成分とは、アレルギーを引き起こす可能性が

少しでもある場合は表示しなければいけません。

アレルギーと聞くと不安になる方もいらっしゃるかと

思います。

 

ただし、最近では安全性が高いパラベンが用いられ、

適切な使用であれば問題ないというメーカーが多い

です。

制汗剤などに含まれているものであれば特に心配する

必要はないかと思います。

ただし、気になる方はパラベンが入っていないものを

選ぶといいでしょう。

 

香料

汗の臭いは、強い香料によって汗の臭いをごまかして

います。

そのため、汗と香料の臭いが混じって余計に臭くなる

ことがあります。

 

【対策】制汗剤を選ぶ際のポイント

市販の制汗剤は長時間持続しないものが多いです。

そのため、一日の使用量が増えてしまいがち。

しかし、肌トラブルを起こさないためにも1日に

何度も使うのは避けた方がいいでしょう。

 

もし、かゆみや赤くなるなどの症状が出たときは

すぐに使用をやめましょう。

使用上の注意を守ることで肌トラブルが起きに

くくなります。

 

「いやいや毎日使わないと汗が出てくる…。」

「安心して使いたい!」

という方には、パラベンや塩化アルミニウムなどの

化学成分が含まれていないものを使用するといい

でしょう。

×化学成分→〇肌に優しい天然成分のものを使う

×香料→〇無香料のものにする

 

お顔の汗を抑えたいのであればサラフェプラス

おすすめです。

汗そのものを止めるのではなく、

毛穴を引き締めることで汗の粒を小さくします。

そして、汗が出た瞬間に汗を蒸発させています。

汗の量をコントロールしているので、

身体に負担がなく汗を抑えることができます。

 

また、サラフェプラスは、無添加にこだわって

作られています。

合成香料、着色料、鉱物油、石油系界面活性剤、

パラベンなども一切含まれていません。

顔だけでなく、腋や手足などどこでも使えます。

敏感肌や赤ちゃん、お年寄りの方にも使えるのが

安心ですよね。

実際私も購入して使ってみました。

サラフェプラスを実際に使った効果を体験レビュー

 

また、脇汗や足の臭いをしっかり押さえたい方は

クリアネオがおすすめです。

私も使っていますが、脇汗だけでなく、脇のツーンと

した臭いが全くしなくなりました!

関連記事⇒クリアネオを実際に使ってみた感想【写真付】

 

まとめ

いかがでしたか?

市販の制汗スプレーの使いすぎることで

汗腺が詰まってしまったり、人によっては制汗剤

に含まれる化学成分によって、かぶれやかゆみを

生じてしまう可能性があります。

 

皮膚に直接つけるものなので、できれば安全な制汗剤

を使いたいですよね。

おすすめは天然成分、無香料、無添加のものを使う

ことです。

私は敏感肌なので、市販の制汗剤を使うと肌が

ヒリヒリしてしまいます。

しかし、サラフェプラスやクリアネオにかえてから

は肌トラブルがなくなりました。

ぜひあなたに合った制汗剤を見つけて下さいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ