【子供が手汗を辛いと感じる前に!】原因を知って早めの対策を!

子供の手汗がすごい・・・と感じたら。

 

「子供の手汗がひどい」

そう感じたら早めの対策が必要です。

なぜなら、手は目につきやすい場所です。

 

お友達からからかわれたりすることで、手汗が

コンプレックスになってしまうこともあります。

 

それがきっかけで人前に出たくないと引きこもりに

なってしまったり、いじめに繋がってしまうことも

あります。

 

大切なお子さんが手汗で辛い思いをする前に、手汗

の原因を知って早めに対策してあげましょう。

 

そこで今回は、子供の手汗がひどい原因と対処法に

ついて詳しくお伝えします。

 

子供の手汗がひどい原因

 

手の汗は精神的な要素が大きいといわれています

「手に汗にぎる」という言葉があるように、大人

の方でも緊張したときやストレスを感じたとき

に手に汗をかいた経験をしたことがあるかと思い

ます。

 

これは、「精神性発汗」といって、ストレスや

緊張によって交感神経が過敏に反応して汗が出る

もので、誰にでも起こる生理現象です。

緊張やストレスがおさまれば、手の汗も治まります

ので問題ありません。

 

しかし、日常生活にまで影響を与えているほど手の

汗がでる場合には、

「手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)」

が原因かもしれません。

 

お子さんに多い手掌多汗症とは

手掌多汗症とは、特に何もしていないのに手に

異常なほど汗をかく病気のことです。

水滴が出るほど汗がでる人もいます。

手だけ、足の裏だけなど、ある部分にの

み汗が多い症状のことを、「局所性多汗

症」といいます。

その中で手の平にのみ異常に汗をかく病

気を「手掌多汗症」といいます。

現在、詳しい原因はわかっていませんが、スト

レスなど精神的なものからくるのではないかと

言われています。

 

お子さんは自分が多汗症であるということはわ

からないので、一人で悩んでいるかもしれません。

お子さんのSOSに早めに気づいてあげることが

大切です。

Sara

手の汗が遺伝のものかと心配される方もいま

すが、手の汗と遺伝の関係性はないことの方が多い

です。

関連記事→手汗は生まれつきではない!?実は〇〇が関係していた!

Sara

他にも、友人から「うつるの?」と言われてお子さんが

傷ついてしまったというケースもありますが、手汗は

決してうつりません。

関連記事→手汗は握手したり触れると人にうつるの?

 

お子さんの手汗対策

手汗がひどいと学校生活にまで支障をきたします。

例えば、

  • 汗が気になって友人と手をつなげない
  • トランプがベタベタになるからできない
  • プリントを後ろの席に回すだけでもつらい
  • ゲームのコントローラーが濡れる
  • フォークダンスできない
  • うつる、気持悪いといわれた
  • 鉛筆が滑る

からかわれたり、いじめにつながったりすること

もあります。

その精神的なものがストレスとなって、余計に汗を

かいたり、そのことが原因で幼稚園や保育園、学校

に行きたがらないというケースもあります。

お子さんが悩んでしまう前に早めに対策をしま

しょう。

 

病院へ受診する

病院に受診する場合は、皮膚科に行くといいで

しょう。

ただし、精神的なものが原因の場合は、内服薬

を処方されることもあります。

お子さんに出来る限り薬は飲まさずに治したい

という方もいらっしゃるかと思います。

もっと安全に汗を抑えたいという場合は、制汗剤

を使うといいでしょう。

次の項目で詳しくお伝えします。

手汗専用の制汗剤を使う

成長期のお子さんには、できるだけ副作用のない

安全な方法で手汗を止めてあげたいですよね。

 

そこで、おすすめなのは、手汗専用の制汗剤を使う

ことです。

手汗を止めるだけでなく、肌への安全性にもこだわ

っていますのでお子さんにも安心してお使い頂け

ます。

持続時間が長いので、朝通園・通学する前に塗る

だけ。

とっても簡単ですよね。

必ず手汗専用のものを使いましょう。

おすすめな手汗制汗剤はこちらの記事

に詳しくまとめてあります。

手汗専用「ファリネ」の詳しい記事はこちら

実際にお子さんが使わて、手汗がおさまった

という意見も多いです。

まとめ

いかがでしたか?

子供同士の場合、悪気なく汗のことを言って

くる子もいます。

「うつる?」「汗すごすぎ!」

その一言で不登校になってしまうことだって

あります。

学校生活を送っているお子さんにとって手汗は

深刻な悩みでもあります。

親にうちあけにくいこともあります。

お子さん手汗に気づいたらできるだけ早めに対策

してあげて下さい。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ